劇場型スキーム

実在する会社の名前を使った複数の人物が登場してあなたに儲け話を仕掛けるのが
劇場型詐欺といいます。

それぞれの役割を演じて何人もの業者が登場しますが、
彼らは最初からグルであなたのお金を騙し取る為の嘘っぱちなのです。

劇場型詐欺には、

  • 代理購入型
  • 公的機関装い型
  • 被害回復型

など多種多様な類型があります。

Aという業者から株式や社債などかいませんか?と勧誘があったあと、Bという業者から先ほどAから聞いた銘柄を高く買い取ると連絡があります。
その話にのって金銭を支払ってしまうと、その後に各社と連絡が取れなくなってしまい、
購入代金をだまし取られた事に気が付くというような結末です

これはあくまで架空ばなしです。
決して慌ててお金を振り込んではいけません。

劇場型スキーム とくに高齢者の被害が多いので予防策としては、
日頃から家族が詐欺事例の情報を話し合い、家族での約束ごとを作っておくことが大事です。
複数の人物が登場する劇場型詐欺は、被害者がすぐに信じるように巧妙に仕組まれています。

その中で被害に合わない様にするには、知らない人にお金をすぐに渡さないことが重要です。