タンス預金200兆円

皆さんは現金をどこで保管していますか?
タンス預金
自宅にタンス預金している人が沢山いてその全体は把握できないものの
200兆円?300兆円あるなどと言われています。
通常は銀行などに預けているのがほとんどですが、年配の方などタンス預金している人が多いそうです。

さて、このタンス預金そのまま譲渡したり相続してしまうと相続税、贈与税など本必要な税金が発生されないなど色々な問題が生じます。

そこで政府は国民が安心してタンス預金を使えるようにいくつかの対策を打ち出しています。
子供の進学、結婚や出産、おめでたい事ですが人生の中でもっともお金がかかるイベントの一つでもあります。

子や孫の為にお金を使いたい人の為に譲与税非課税の制度があります。

代表的な対策が、結婚・子育ての一括贈与教育資金の一括贈与があります。

  • 結婚や子育てに必要な資金1000万円まで
  • 進学のために必要な資金1500万円まで

なら非課税になります。

これは高齢者のタンス預金を若い世代にわたるように考えられた制度です。
この制度を利用し若い世代にお金が渡る事によってタンス預金の額はどんどん減少していきます。
この制度の周知が増えると高齢者の相続も早く行われると考えられますね。