メタバースとNFTって何??

最近話題のメタバースって何か知っていますか?

Facebook社が会社の名前をメタと変更したことで一気にこのメタバースの知名度があがりました。

いったいどんなものなのでしょうか?

 

メタバースとは…?

メタバースとは…

メタバースは仮想世界とも言い換えられます。
いわゆる私たちの生きている現実世界と対比されてユニバースを文字って作られたのがメタバースなのです。

VRスコープを使って3Dの仮想空間に自分が溶け込み特定、不特定の相手とコミニュケーションを取る事ができます。
アニメやSF映画の様な出来事は現実のものとなります。

 

ゲームやeスポーツだけではなくライブやイベントの様なエンターテイメントの体験やビジネスにおいてもリモート会議などあらゆるサービスに活用されるでしょう。

メタバースはその様な事を総括した言葉となっており、
NFTなどとも深いかかわりがあるといわれています。

 

生活を豊かにしてくれる3つのテーマ

最新技術としてよく紹介される「メタバース」「仮想通貨」NFT」
たしかにこの3つのテーマは注目度も高く、今後私たちの生活やエンタメをより一層豊かにしてくれる可能性を秘めています。

特にメタバースを活用したゲームでは、ゲームごとに独自の仮想通貨が発行&利用されています。

メタバース内の仮想通貨例
The Sandbox(ザ・サンドボックス)→SAND(サンド)
Decentraland(ディセントラランド)→MANA(マナ)

 

メタバース内でも仮想通貨が使われます
メタバースサービスでは仮想通貨が利用されるケースが多いのでしょうか。

一見、仮想通貨を使うより円やドルなどの法定通貨の方が便利そうな気がしますよね。

その答えを握っているのが「NFT」なんです。

 

仮想通貨とNFT

先ほど説明したメタバースですが、仮想空間で使われる通貨を、現実で使えるNFTに交換し管理します。

 

メタバース内に土地、建物、ファッションなどを生み出してこれらの固有資産を暗号通貨によって購入、所有、再販売されます。
1つの経済が完結しているこれをトークエコノミーと言います。

 

またこれを可能にする大切な要素がNFTの大きな特徴の一つである相互運用性です。

簡単に説明すると、複数の事業所が互換性を気にせずNFTを利用できるという事です。
NFTならば著作権や使用料を特定の運営者が守らなくてもブロックチェーンによって唯一無二の価値を担保されています。

相互運用性はまだ完全ではありませんが資産の価値を保ちつつも複数のメタバースをまたがって、今まで以上に広い世界に見たり聞いたりしてもらえるようになる...そんな風に期待されています。

そのメタバーズに投資をするのも面白いでしょうね。
メタバース関連銘柄を探す前段階として「メタバースの将来性や規模感」を調べればいいと思います。
調べる理由は「将来性や今後規模は大きくなっていきそうだ!」という根拠のない状態で仮想通貨に投資をすると価格の変動で焦って売ってしまう人が増えるからです。

投資のキーワードとして「メタバース」「NFT」をメモしておいて下さい。