ビットコインをマイニングしよう①

ビットコインのマイニング

って聞いたことありますか??
なんとなく聞いたことある人もいるとおもいます。
ビットコインを作るというか、掘り当てる作業の意味です。

ビットコインでは取引の承認およびあたらしいブロックへの生成がコンピューターでの計算で行われます。
その生成に必要な計算の中で最も適切な数値を見つけるためには膨大な量の単純計算を行わなければなりません。

このもっとも適切な数値見つけなければなりませんがその適切な数値に辿りつけた人だけがその報酬としてビットコインを得ることが出来るのです。
これを採掘の作業に例えてマイニングとよんでいます。

また、こういった仕組み全体の事をプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼びます。

プルーフ・オブ・ワークは不正な取引に強いというセキュリティ上のメリットがありますが
一番の問題はマイニングによる大量の電気消費などの問題があります。

現在、ビットコインのマイニングは、多くの参入者が増加傾向です。
競争率が高かいため、マイニングコストは莫大な金額とる事でしょう。
これから参入し、事業としての採算を合わせるのは、なかなか難しいかもしれませんですが、
この問題を解決するために生まれたのが、「プルーフオブステークステーキング」と呼ばれるものです。