ビットコインをマイニングしよう

ビットコインのマイニング

って聞いたことありますか??
なんとなく聞いたことある人もいるとおもいます。
ビットコインを作るというか、掘り当てる作業の意味です。

ビットコインでは取引の承認およびあたらしいブロックへの生成がコンピューターでの計算で行われます。
その生成に必要な計算の中で最も適切な数値を見つけるためには膨大な量の単純計算を行わなければなりません。

このもっとも適切な数値見つけなければなりませんがその適切な数値に辿りつけた人だけがその報酬としてビットコインを得ることが出来るのです。
これを採掘の作業に例えてマイニングとよんでいます。

また、こういった仕組み全体の事をプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼びます。

プルーフ・オブ・ワークは不正な取引に強いというセキュリティ上のメリットがありますが
一番の問題はマイニングによる大量の電気消費などの問題があります。

現在、ビットコインのマイニングは、多くの参入者が増加傾向です。
競争率が高かいため、マイニングコストは莫大な金額とる事でしょう。
これから参入し、事業としての採算を合わせるのは、なかなか難しいかもしれませんですが、
この問題を解決するために生まれたのが、「プルーフオブステークステーキング」と呼ばれるものです。

大量の電気代を節約する方法「プルーフオブステークステーキング」なのですが
このステーキングの特徴はもっとも最適な計算式を求めるのではなく、

ブロックを指さすブロックを沢山保有しているほど新しいブロックの権利を得やすくなるという点です。

 

ステーキングとは、仮想通貨を保有し、その報酬として利益を得る方法です。

ビットコインのマイニング

既に発行されている通貨の全数量に対する保有量の割合ではなく資産を保有している期間によっても報酬が割り当てられる確率が高くなります。
それによるデメリットは沢山の資産を持っているほど、また長く資産を保有しているほど報酬を受け取りやすいという事は保有したいと思う人が増えるという事です。
流通して意味のある通貨なのですが資産の流動性がなくなると通貨としても意味がなくなりますね。あと、ステーキング中に仮想通貨を動かせないことと仮想通貨のボラティリティが高いこともあります。

一定の期間にわたって仮想通貨を出庫できなくするロックアップまたは「ベスティング」期間が必要なので、その期間中は価格が変動してもステーキングしているトークンを取引できないため、それがデメリットに可能性があります。

ステーキングのメリットは、保有するだけで高い利率の報酬を手に入れられることで長期保有したい人や低リスクで仮想通貨を増やしたい人にお勧め。

マイニングは設備投資と経費が掛かりますが、ステーキングなら保有の仕方が合えばいい方法と言えると思います。